archive

category

  • カテゴリーなし

人が死んだ時、様々なことを行わないといけなくなります。
そしてその中でも、葬儀を行うことは非常に重要です。
故人の霊をきちんと来世へ見送って、しばしの別れを告げる事。
それが日本においては非常に重要視されていますし、海外でも行われる全世界的な通過儀礼となっています。

しかしながらその方法は時代に合わせて変化をたどってきています。
今では一般的で当たり前のように思われている火葬を行うという風習も、きちんと文化として一般に浸透したのは近世のことでありごく数十年単位の範囲内での話だといわれています。
また、それに限らず葬儀本体の形式も変化しており、今ではその変化した新しい手法を家族葬と呼んでいます。
今現在行われている葬儀形態の中でも、家族葬はかなり多くの割合を占めるようになっていると考えられます。
それほどまでに現代の思考とマッチしているのが家族葬であり、各種葬儀社は家族葬を様々な見積もり価格で提供するようになっています。

葬儀を行うにあたっては、どのような方式を取るにしてもその見積もりを取ることが非常に重要であることは間違いありません。
見積もり一つで、使える費用やできることが大きく変化してきます。
そればかりか、見積もりをきちんと取っていなかったばかりにトラブルに発展してしまっている事例もあります。
明確な価格基準値などが設定されていないだけに、お金のことや内容のことはきちんと話し合って打ち合わせするべきなのです。
故人としても、最も望んでいないのは見送りの儀式自体が遺族にとって大きな負担と悲しみの原因となってしまうことであることは間違いないでしょう。
ちゃんとお見送りするために、調査と確認と比較検討が重要です。

関連リンク

calendar

2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930